契約書作成の重要性

契約の際の「言った、言わない」トラブルを回避!

文書での契約を取り交わさず、口約束で仕事を進めてしまうと「そう言った、言わない」、
「そう思った、そう解釈した」といったレベルのものまで、両者間で「あいまいさ」が
存在してしまいます。

そういった契約の際のトラブルを回避するためにも、契約書が必要になるのです。
 

契約書を作成するメリット

企業間での取引、また会社運営に関わるような重要な契約の場合には、契約書を作ることをお勧めします。
 
契約書を作成するメリットとして、以下の2点があります。
 

(1)契約内容を明確にする

口頭だけでの契約は、契約を交わした双方が、時間が経ってしまうことにより、契約の内容の詳細部分を忘れてしまったり、誤解したまま受け取ってしまい、契約内容の把握に違いが生じてしまう可能性が出てきます。そういったトラブルを未然に防ぐためにも、契約書を作成し、契約内容を明確にする必要があるのです。
 

(2)契約、及びその内容について、後日の証拠となる

契約が成立した後、「これは約束した、していない」「言った、言っていない」などの契約上のトラブルが発生する場合があります。つまり、口頭の契約だけでは、契約内容について、また契約が成立したことですら、契約を交わした双方の意見が食い違ってしまう可能性が出てきます。契約書を作成しておくことで、契約成立やその詳細について、後日の有力な証拠となるのです。
 
また、契約書を作成する際には、しっかりと上記のようなメリットを活かせる契約書を作成する必要があります。取引においては、取引する相手によって内容も様々となり、全く同じ契約内容である、ということはないはずです。そうすると、各契約に必要な要件、考えられる問題とその内容などは、異なります。
 
法律の専門家である弁護士は、皆様から取引に至った経緯、取引の目的、取引実態など、契約の事実関係お聞きし、取引や事業に伴うリスクを想定、法的な問題点を整理し、最適な契約書を作成します。
 
自社にとって重要な契約書については、その作成を弁護士に依頼しない場合でも、後日の紛争を回避するために、弁護士にその内容をチェックしてもらうとよいでしょう。
中小企業法務に関することならどんなことでもご相談ください。

弁護士にご相談される方は事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※誠に恐れ入りますがお電話でのご相談は実施しておりません。ご相談はご予約のみとさせていただいております。

HOME 弁護士紹介
事務所紹介
アクセス
弁護士費用