契約書の作成方法

「契約書を作るのに、どんなことが必要になるだろう?」
「どんな順番で書けばいいかわからない」

そんな不安を持ちながら契約書を作成したとしても、「必要項目が記載されていない」
「あいまいな内容になっている」などのリスクを伴ってしまいます。
契約書の形式、というものは法律上の決まりはありませんが、契約事項の内容が適切に、
明確に文書化されたものを作成する必要があるでしょう。

一般的な契約書のスタイル

①表題

「売買契約書」「贈与契約書」「金銭消費貸借契約書」など、契約書の冒頭では、一目で「何についての契約か?」がわかるように、表題を付けることが一般的となっています。
 

②前文

表題の次に、「甲及び乙は次のとおり契約する」というような前文を記載します。「契約をしている人は誰なのか?」を明らかにした上で、甲・乙のような略称を決め、記載します。略称を使用する理由としては、本文で何度も契約当事者を記載することになるからです。
 

③本文

契約の内容を記載します。あいまいな表現で記載してしまうと、後日のトラブルの原因となるため、トラブルを避けるためにも、できるだけ具体的、かつ明確に記載する必要があります。重要事項、基本事項などの必要項目から順に記載していきましょう。
 

④末文

契約内容を記載した後、作成した契約書の通数、契約書を所持している人などを、末文として記載します。
 

⑤契約書作成年月日

契約書を作成した日付を記載します。実際に契約を結んだ日と異なる日を記載する場合もありますが、そのような場合でも契約内容に影響することはありません。後日のトラブルを防止するために、契約日を別の書類として記載しておくことをおすすめします。
 

⑥契約した当事者の住所・氏名・押印

最後に、署名又は記名・押印をします。これらはのちのちに起こりうるトラブルを防ぐためにも、契約する当事者の目の前で行ったほうが良いでしょう。

 
以下に、一般的な契約書のスタイルを載せます。
①表題部・・・・

②前文  ・・・・

③本文  ・・・・








④末文  ・・・・

⑤日付  ・・・・

⑥住所   氏名 
    押印   ・・・・

 
sedewde.png



 
中小企業法務に関することならどんなことでもご相談ください。

弁護士にご相談される方は事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※誠に恐れ入りますがお電話でのご相談は実施しておりません。ご相談はご予約のみとさせていただいております。

HOME 弁護士紹介
事務所紹介
アクセス
弁護士費用