会社破産の場合

破産とは、裁判所の監督のもと、全財産を金銭に換え、全債権者に公平に分配する制度をいいます。個人事業者の場合、免責許可決定が出れば債務がゼロの状態からやり直すことができます。

破産法では、「債務者の経済生活の再生の機会の確保を図ること」と明記されており、過去のしがらみを断ち切って、新たな事業・生活を再スタートする機会を得るために、法律が与えた権利となります。
 
多数の債権者からの督促や取立てに翻弄されることになり、それでなくても苦しい経営・生活状態にある中で、精神的にも体力的にもますます困窮してしまいます。こうなると、事業・経営の再建、生活の再生どころではなく、“夜逃げ”をしてしまい、残された家族や従業員が更に苦しんでしまうなど、ますます泥沼にはまってしまいます。
 

会社破産についてはこちらのサイトに詳しく掲載しております。こちらのサイトをご確認ください。

破産サイトバナー0001.jpg
 

(1)会社破産のメリット

破産するメリットとしては、特に経営者にとって、毎日のように行われる債権者からの取立てや催告への対応に日々追われ、経営が益々悪化していく、という状態から開放され、前向きに今後の生活・事業について見つめ直し、再スタートを切ることができる、ということがあります。
 

(2)破産手続の流れ

破産手続開始の申立がされたら、裁判所は書類審査、また審尋などにより、破産原因の審査を行います。そこで破産手続き開始原因があると認められれば、裁判所は破産手続開始決定をし、同時に破産管財人を選任します。破産管財人は、債務者の財産を調査・管理・確保し、その財産を換価した上で、債権金額に比例して、各債権者に分配します。
 

会社破産についてはこちらのサイトに詳しく掲載しております。こちらのサイトをご確認ください。

破産サイトバナー0001.jpg



再生・破産の相談についてさらに詳しく知りたい方はこちら↓↓

自主再建の場合 民事再生の場合 会社破産の場合
私的整理 事業再生ADR 会社分割
特別清算 資金繰り  


中小企業法務に関することならどんなことでもご相談ください。

弁護士にご相談される方は事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※誠に恐れ入りますがお電話でのご相談は実施しておりません。ご相談はご予約のみとさせていただいております。

HOME 弁護士紹介
事務所紹介
アクセス
弁護士費用