契約書の相談


契約書に関する様々な問題・疑問についての情報を下記にまとめました。
是非、ご参考いただければと思います。
 

契約書作成の重要性

文書での契約を取り交わさず、口約束で仕事を進めてしまうと「そう言った、言わない」、「そう思った、そう解釈した」といったレベルのものまで、両者間で「あいまいさ」が存在してしまいます。 そういった契約の際のトラブルを回避するためにも、契約書が必要になるのです。
                                                               ⇒詳しくはこちら


契約書の作成方法

契約書を作成しても、「必要項目が記載されていない」ものや「あいまいな内容になっている」ものであれば効力は失われてしまいます。”契約書の形式”というものは法律上の決まりはありませんが、契約事項の内容が適切に明確に文書化されたものを作成する必要があるでしょう。
                                                               ⇒詳しくはこちら


契約書作成のチェックポイント

契約書を作成する際は気を付けなければいけないポイントがあります。重要な契約書には記名ではなく署名押印をすることであったり、契約書に入れておくべき特約があったりと注意が必要です。
                                                               ⇒詳しくはこちら


契約書を弁護士に依頼するメリット

契約書の作成を弁護士に依頼するメリットには「利益の確保」、「特殊事情の反映・適切な修正」、「トラブル回避」などがあります。
                                                               ⇒詳しくはこちら


契約書を書かないと損をする

契約書は後々のトラブルを防ぐために、約束事を書面化し、明確化させることでお互いの誤解を防ぐものです。しかし、約束事を書面化するといっても、そのときにあいまいな表現やどちらともとれてしまう表現を使ってしまっては意味がありません。約束事を明確にするためにも、注意を払って契約書を作成しなければならないのです。
                                                               ⇒詳しくはこちら


弁護士は契約書作成のスペシャリスト

このような場合、「この契約をして何か自分に不利益が生じないか?」といった不安を感じてしまっていると思います。また「とりあえず弁護士に相談したいんだけど高そうだ・・・」ということも考えるかもしれません。そのような時、弁護士に依頼することをためらう必要はありません。
                                                               ⇒詳しくはこちら


契約書の作成は弁護士に

契約書の作成の仕方がわからない・・・などの場合、誰に相談してアドバイスを受ければいいのか戸惑ってしまう場合があります。契約書全般のご相談に関しては弁護士が対応しておりますので、弁護士に相談することをお勧め致します。
                                                               ⇒詳しくはこちら


契約書を提示されたら、弁護士に相談を

契約書に記載する内容によっては、かえって債権回収が困難になってしまったり、契約自体を無効にされてしまうといった事項が含まれている場合があります。契約書を作成、チェックするときにはそのようなことも踏まえ、確認していかなくてはなりません。弁護士に相談することで、法律に基づいた記載が可能となります。きっと悩みも解消されるでしょう。
                                                               ⇒詳しくはこちら中小企業法務に関することならどんなことでもご相談ください。

弁護士にご相談される方は事前にお電話にて相談日のご予約をお願い致します。
※誠に恐れ入りますがお電話でのご相談は実施しておりません。ご相談はご予約のみとさせていただいております。

HOME 弁護士紹介
事務所紹介
アクセス
弁護士費用