私的整理とは

私的整理とは

会社の経営が厳しい・・・。
会社を廃業するしかないのか・・・。

企業を存続させるか、破産させるか、そのどちらかを選ぶ方法を「企業整理」と言います。企業整理は、大きく分け、会社を破産(廃業)させる「清算型」と再度会社を立て直す「再建型」の2つに分かれます。

そしてまた、企業整理の方法として、裁判所の監督のもとに行う整理を「法的整理」と言い、破産・特別清算・民事再生・会社更生などがこれに当たります。また裁判所が関与しない形で会社を立て直そうとすることを「私的整理」と言います。私的整理では、債権者との話し合いにより、債権者全員の合意を得なければ成立しません。

私的整理のポイント

1.債権者の対象を金融機関に限定することができる
2.手続きが、債権者、そして債務者との合意のもとに行われるため、自由となる

3.法的整理よりも早いスピードで手続きを進めることができる

 

私的整理の注意点

1.債権者全員の同意が必要となる
2.手続き条件などの公平性が図りにくい
3.税金の処理が不明確である
 

以上が、私的整理が有している特徴です。

関連ページはこちら

静岡 中小企業法務・外国人労働法律相談サイト

〒420-0839 静岡市葵区鷹匠1丁目5番1号 NEUEZEIT(ノイエツアイト)2階・4階

[平日法律相談] 09:00 - 20:00 
[土曜法律相談] 10:00 - 16:00